益田地域医療センター看護部のブログ

自然豊かな島根県の西部、益田市で奮闘する看護師・介護士のブログ

  • « 
  • 2 
  • 6 
  • 7 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

くにさき苑 芋の苗植え

2018.07.10 (Tue)

広報委員のMです。
6月6日にさくらんぼ保育園の子供達とくにさき苑のスタッフと一緒に芋の苗植えを行いました。当日はあいにくの雨模様…開始時間になるとなぜか急に雨が止み、子供達と一緒に芋の苗を植る事ができました。
20180710_001.jpg

利用者様は、雨が降っており足元が悪い為、くにさき苑の中から子供達とスタッフが一緒に苗を植えるのを見学されてました。植え方にも、こだわりがある利用者様が多数居られ、あぁじゃない、こうじゃないと討論をされてました。子供達が苗を植えるのを観てとても楽しい気持ちになられてました。
20180710_002.jpg

最後はみんな仲良くお茶や、ジュースを飲んで昔話をされて楽しいひと時を過ごされました。
今年の秋には収穫するので、皆さん今から秋になるのが待ち遠しい様子でした。

くにさき苑運動会

2018.05.31 (Thu)

今年度から広報委員になりましたくにさき苑職員のNです。
よろしくお願いします。
さて、今回は5月にくにさき苑で開催した運動会を紹介したいと思います。
20180531_001.jpg

くにさき苑3階では紅白のチームに分かれ、玉入れと輪っかリレーを行いました。
20180531_002.jpg
玉入れは白組の勝利!

20180531_003.jpg
次は輪っかリレーを行いました。
勝負の後、全員で一つの輪になり輪っかリレーを行い、両チーム引き分けとしました。
皆さん大変盛り上がり、楽しく協力して行えました。
また、皆様が楽しめるような行事を企画していこうと思います。

くにさき苑 花見

2018.04.06 (Fri)

皆様、風邪などひかれていないでしょうか?
私、広報係りのMは絶賛花粉症で日々苦しんでおります。
鼻炎薬も良いですが、鼻が詰まった時は鼻うがい!いいですよ~♪初めは鼻の奥がツーンってなりますが、慣れてくると爽快で癖になります。びっくりする程呼吸がし易くなりますのでおススメです。市販の鼻うがいも良いのですが、コップに若干の食塩を入れるとツーンも和らぎます。気になる方は是非調べてトライしてみて下さい。

さて新年度も始まり、新たなスタートを迎えられる方もいらっしゃいますが、今年もくにさき苑の行事は花見からスタートしていきます。4月3日、快晴。若干、夏のような気候で皆様の体調も気になりますが、美都町のひだまりパークへお花見に出かけました。
20180406_001.jpg
今年は開花が早かった事もあり、散ってしまわないか心配でしたが、気温の低い山手の方という事もあり、満開の桜と散り際の桜が交互に楽しめる良い日となりました。

20180406_002.jpg

20180406_003.jpg
ひだまりパークは普段はグラウンドゴルフを楽しまれる方々の為にテントが設置してあるのですが、今日はご厚意でお花見用に場所を提供して頂きました。テーブルには温かいコーヒーやジュース
「あれ?今日はビールは無いの?」と言われる利用者様に面食らってしまいましたが、そこはコーヒーのおかわり自由で納得して頂きました。(来年からは交渉してみますね~♪)
日陰でも暖かい風を感じる事が出来、見事な桜に皆様うっとりしておりました。

20180406_004.jpg
俳句、短歌を詠まれる利用者様は短時間に5句も考えられていました。
市の広報誌に投稿予定との事で今から楽しみですね♪

20180406_005.jpg
堪能した後は皆さんと記念撮影。若干表情の固い方もいらっしゃいますが、素敵な笑顔を見せて下さいました。

20180406_006.jpg
あれ?どこかでみたような・・・そう!くにさき苑にはこんな花見スポットがあるんです。
正面からは見えませんが、丁度くにさき苑の裏手には見事な桜があり、普段は遠出の出来ない方も春を感じる事の出来る憩の場になっています。

20180406_007.jpg

20180406_008.jpg
同じ桜でも、撮影する場所を変える事で違う表情をみせてくれます。
桜の下だからか、皆様思い思いのポーズを考えて楽しんでおられました。(女子力高いです♪)

今年は天気が続いた事もあり、長い期間桜を堪能する事が出来ましたが、私も大人になったのでしょうか、花より団子であったのが、桜を数分間鑑賞し、皆さんで花の見え方や散り際の美しさが話せるようになりました。ある方にその話をしてみると、「あなたの年齢じゃまだまだ」「本当に桜を愛でる事が出来るのはあと30年は掛かるわよ」との事でした。・・・まだまだ大人への道は遠い!

くにさき苑 ひな祭り会

2018.03.06 (Tue)

寒さも落ち着き、あちこちで梅の花も咲きはじめて春らしい季節になりました。
くにさき苑広報係りのMです。今年もくにさき苑のひな祭り会に可愛らしい園児の皆様が来て下さいました。

20180306_001.jpg
まずは、くにさき苑加藤看護師長の開会の挨拶からスタートです。

20180306_002.jpg
しっかり挨拶もしてくれた所で、

20180306_003.jpg
さっそく可愛らしい七福神の登場☆

20180306_004.jpg
めばえ保育園のオリジナルの踊りもあり、利用者の皆さんの顔もどこか恵比寿顔☆

20180306_005.jpg

20180306_006.jpg

20180306_007.jpg

20180306_008.jpg
そして神楽の醍醐味といえば、神方と悪鬼の激しい立ち合いです。

20180306_009.jpg
まだまだ幼いからといって侮っていると腰を抜かしますよ(笑)

20180306_010.jpg
舞終わったら皆さんいつもの幼顔。やはり神楽舞は神が宿るのでしょうか(汗)

20180306_011.jpg
今年も素晴らしい演技の数々を鑑賞させて頂き、ありがとうございました。利用者様も、職員も毎年元気を頂いています。
園児の皆さんを通じてご指導をされている先生方の熱意が感じられる演目でした。
素晴らしい伝統をこれからも、くにさき苑の皆さんにも披露して下さいね☆

くにさき苑 節分祭

2018.02.08 (Thu)

くにさき苑広報係りのMです。
今年もくにさき苑に怖~い鬼(?)がやってきました。

 節分=季節を分ける立春の時期に行われる行事ですが、そもそもなぜ豆を投げるのか?
御存知の方はいらっしゃるとは思いますが、復習の意味でもご紹介します。
節分の由来は諸説ありますが、古くは中国の旧歴の大晦日に鬼の面をかぶった人を追い払う行事(鬼遣“おにやらい”)からきていると言われ、平安時代に宮中行事として日本へ伝わったのが宮中で行われていた(豆うち)と合わさり広く広がった事に由来するとの事です。
 また、なぜ豆を用いるのかという事は、古来より穀物には霊が宿るという言い伝えがあり、その豆にも“魔を滅する”という意味合いもある事で、自身の中の邪(よこしま)な心や直したい所などに対して、その豆を投げる事で邪気を祓い、一年間の無病息災を祈る行事となったとの事です。※地方によって様々な由来もあり、ある寺社では“鬼は外”は言わないのは有名なお話しですね。
 最近では恵方巻きの習慣も広い地域に浸透しており、魔除けのイワシや柊を飾ったりする家庭も多くなりました。スイーツ巻など、企業の方々の努力が感じられます。

 さて前置きが長くなりましたのでしっかり行事について報告したいと思います。
20180208_001.jpg
今年も怖~い鬼がやってきましたよ。後ろの鬼は変な角を生やしています(笑)

20180208_002.jpg
皆さん、ひるまず豆を果敢に投げ続けます。鬼の金棒(バット)にも力が入ります。

20180208_003.jpg
突然の鬼の襲来に開いた口が塞がらない皆様。頑張って退治して下さいね~!

20180208_004.jpg
鬼の迫力に思わず身をかがめてしまいます。(汗)

20180208_005.jpg
「あなたイイ鬼になれますよ」・・・鬼の甘い誘惑にも笑顔で答える100歳の利用者様。

20180208_006.jpg
「どうする?そろそろ投げられ疲れたんだけど・・・(汗)」
と相談している所にさらに豆を持った利用者様が!・・・その後鬼は堪らずすぐに退散しましたとさ、めでたしめでたし(昔話風)

また来年も皆さんの身体の中の悪い鬼を退治しにやってきますからね~!
皆様も体調には充分に気を付けてお過ごし下さいませ。

 | HOME |  »

プロフィール

とっしー

Author:とっしー
益田市近郊の情報と元気な看護部の情報をお届けします

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR