FC2ブログ

CAPP

職場のできごと
10 /12 2010
広報委員のSです
10月6日にふたば棟でCAPPがありました。
CAPPとはコンパニオン・アニマル・パートーナーシップ・プログラムの略で、頭文字をとってシーエーピーピーと呼びます。簡単に説明しますと動物とのふれあい活動です。
市内の獣医さんのご好意で2カ月に1回のペースで開催しています。(ボランティアの皆さんにもいつもお世話になっています。)

2010_10_12_03.jpg

今回は犬が4匹と、ねこが1匹の合計5匹での開催となり、いつもよりは少なめでした。
CAPPが始まると利用者様は動物を膝の上に抱っこして優しく身体をなでたり、犬のかわいい芸にくぎづけになるなど動物との触れ合いを楽しんでおられました。
今回はねこが1匹だったので、ねこが大好きな方は自分の所に来るのをいつかいつかと順番待ち状態に、終わると、「すぐきてね」と催促される方もおられました。

2010_10_12_04.jpg

またベッドサイドにも派遣してもらい、参加に消極的な方も目の前に犬を見ると頭をなでて笑顔になり、「実は私も犬を飼っていた事があるのよ」と話す方もおられて、普段とは違う一面を見る事ができました。
皆さん動物の持つかわいさに自然と手が伸びて頭をなでたり、それを見ている方も自然と笑顔になる方が多いように思いました。

次回は12月の開催になります。クリスマスバージョンでお願いします。

コメント

非公開コメント

とっしー

益田市近郊の情報と元気な看護部の情報をお届けします