FC2ブログ

緩和ケア研修会

職場のできごと
03 /13 2012
31月1日、緩和ケア研修会を行いました。
講師は、島根大学医学部付属病院 看護部教育担当副看護部長、社団法人日本看護協会 緩和ケア認定看護師 ハ塔累子先生です。

2012_03_13_01.jpg

2012_03_13_02.jpg

2012_03_13_03.jpg

 夕方6時からでしたが、多くの方に参加をして頂きました。
演題「その人の希望がかなえられるために、医療者に必要なこと」。
患者様のより身近で接している私達が、現場で活かせるお話を聞くことができました。
「日本人の多くが終末期に大切にしていること」「痛みについて」「アロマセラピー」「食事について」「家族ケア」「エンゼルケア」「エンゼルケア」など多くのことを、事例を交えながらお話して頂き、心に問いかける内容でした。
「患者と共に目標を設定し、実行のための支援を行う」そのためには、患者様とコミュニケーションをとり、その人のことをより理解することの大切さを実感しました。

講演時間は1時間30分という時間でしたが、あっという間に過ぎてしまいました。もっともっと先生のお話を伺いたいと思いました。

コメント

非公開コメント

とっしー

益田市近郊の情報と元気な看護部の情報をお届けします