FC2ブログ

春 旅立ち  訂正文

地域の情報
02 /04 2013
お久しぶりです。広報委員のS・Sです。

先日掲載した記事の中に間違った文章がありました<(_ _)>訂正し、お詫び申し上げます。

誰だって打ちのめさせる時があります。それが大きいか小さいか、長いか短いか、人それぞれです。
違うのは、その時いかに早く立ち直れるかです。人間プレッシャーは少しぐらいないと、伸びきったゴムのように絞まりがなくなります。ホドホドに必要なプレッシャーの中で、どう立ち向かっていくかが問題であり、人間の真価が問われるところです。「自分流」のハネカエシ作戦を身につけ、最短コースのキリカエシ能力を得て、初めて本物になっていくのですから。手放すにはまだおぼつかないですが…エ・エ~イ飛んで行け~。見えなくてもお母さんはいるからね。みんな大好き…みんな私の子どもたち。

「克己」とは、体力の差でもない。知識の差でもない。意志の差である。(古賀稔彦)
                ↓   
誰だって打ちのめされる時があります。

が正しい文章でした。先生の書かれた文章が違った意味になるところでした。言葉一つが違うとこんなにも違った意味になることが分かりました。日本語の難しさを改めて確認できました。

コメント

非公開コメント

とっしー

益田市近郊の情報と元気な看護部の情報をお届けします