FC2ブログ

個別指導

職場のできごと
07 /24 2013
みなさんこんにちは!広報委員のKです!

先日、医師会病院看護部で取り組んでいる看・介護研究の個別指導というものがありました。
この個別指導とは、各部署で今年取り組む研究テーマについて作成した計画書を確認しながら、研究の目的や意義・方法等の妥当性を先生とチームのメンバーで探っていくものです。
全部署が持ち時間20分の中で順次指導を受ける形となります。

もちろん僕たちも、指導をして頂きました。
20130724_001.jpg
なんかすごい緊張感が伝わるでしょ?
この扉を開ける前から手汗が尋常じゃなかったです…ι(´Д`υ)
指導して下さるのは、島根県立大学看護学部教授の吾郷奈美恵先生です。

指導風景はこんな感じです。
20130724_002.jpg

20130724_003.jpg

あまりの緊張から気持ちの悪い半笑いと、わけのわからない汗が僕に襲いかかってきます!
指導の方はというと…
研究の進め方や、アンケートの内容、質問の仕方など細かいところまで分かりやすく指導して頂き、改善するべき点や表現方法、まとめ方など少しづつイメージができるようになりました。

そして、20分間という指導時間はあっという間に終わり、広報委員である僕にとって一番緊張する時間がやってきました。

それは…この個別指導の様子を看護部のブログに乗せるために写真を撮らせて頂きたいと吾郷先生に了解を得ることです。間違いなく、この日一番の汗をかきました。
吾郷先生には快諾して頂き、撮影中「ちゃんと指導しているように見せないと」と、ブログについても個別指導をして頂きました。ありがとうございました。

今回、指導して頂いたことをメンバーで話し合いながら、より中身の充実した研究ができるようにメンバーみんなで協力して頑張っていきたいと思います。

吾郷先生!貴重な時間を頂き、また本当に分かりやすく指導して頂き本当にありがとうございました!

コメント

非公開コメント

とっしー

益田市近郊の情報と元気な看護部の情報をお届けします